OUR STORY


 

コモドギアのアイディアは、一人の社員の「日本の夏をもっと快適に過ごせるアイテムを作りたい」という想いから生まれました。

場所にも、時間にも捕らわれない、一人ひとりに合った快適空間を生み出すために模索する中で、最初は一人でコモドギアのアイディアに取り組み始めましたが、展示会への出展など努力を重ねるうちに社内外でも評判を呼び、2019年には技術者を仲間に迎えて商品化に向けて進み始め、2020年の夏、初期モデル1,000台の出荷にこぎつけました。

コモドギアならではの強みは、「水冷式」であること。
空冷では排熱しきれない熱も、水を循環させることで徹底的に冷やしています。

また、2020年度モデルよりも大幅に改善されたComodo gear i2では、より多くの人に快適にご利用頂けるようサイズ展開も増やし、人体の首の動きへの機器の追従性を追及してきました。